キズパワーパッドはニキビに使えない!潰した後や膿にも注意!

「キズパワーパッド」はキズが早くきれいに治る!と評判が良いんですよね。

痛みを軽減できるし、たくさんの種類があるので我が家でも重宝しています。

 

口コミでも評価の高いキズパワーパッドですが「ニキビに使える」「潰した後に早く治る」というウワサもあるんです。

 

本当にニキビに使って良いのか、キズパワーパッドが使える「キズの種類」や「効果的な使い方」「口コミ」の情報と合わせて紹介します。

 

▼さっそくキズパワーパッドをチェックするなら▼

⇒【オマケ付】バンドエイド キズパワーパッド 水仕事用(10枚入)【バンドエイド(BAND-AID)】

キズパワーパッドニキビに使えない!白ニキビ・赤ニキビにも注意

キズパワーパッドがニキビにも使える!という噂があるので調べてみました。

じつは、『膿や感染のある傷には使えない』と取扱説明書に書いてあったんです。

次の部位には使用せず、医師の診断を受けること。
(使用した場合、傷の悪化、発熱、治癒の遅れの可能性がある。)

にきび、湿疹、虫刺され、皮膚炎などの症状及びそれらをかきむしった傷

引用:キズパワーパッド公式の取扱説明書

傷口の周りが赤くなっていたり、ズキズキしている、膿を持っている、腫れや熱の症状がある時は使用できないんです。

ということは、赤ニキビや白ニキビ(膿がある状態)では使えないんですね。

 

ニキビの中には細胞が死んでできた壊死物質や膿が入っています。

キズパワーパッドでニキビを塞ぐと新しい感染が引き起こされて、傷が悪化する可能性がある為に、使用が勧められていません。

 

ではなぜニキビに使えるという噂があるのか?というと、実際に使っている人がいるから。

正しい使い方ではないですが、口コミや実際のレビューの中に、ニキビに使用している人がいるんですね。

 

口コミの中では、潰れたニキビに使うと早く治る、と言った感想もあるんです。

詳しく調べてみたので、紹介しますね。

ニキビに使った人の口コミを検証

キズパワーパッドをニキビに使っている口コミが、@コスメやamazonにも投稿されています。

【口コミ1】

小さく切ってニキビ(吹き出物?)が潰れたところに貼ると、治りが早いと感じます。

ですが一番使っているのは靴ずれ用で、パンプスを履く時に重宝しています。

履き慣れない冠婚葬祭の靴の時には、絶対に使っています。

 

【口コミ2】

本当の使い方とは違うのですが、潰れたニキビに貼っています。

たまに芯がきれいに取れて、きれいに治っていますよ。

他のキズの時もかさぶたが出来ないし、早く治るので驚きです。

値段が少し高いですが、すごくおすすめです。

 

【口コミ3】

スポット用の小さいものを、ニキビを潰してから貼っています。

3日くらい貼っておくと跡にもなりませんでした。

もっと早く知りたかったです。

 

このように、実際にニキビに使ってる人もいたんです。

気をつけたいのは、ニキビの中でも「潰れたもの」に使っていること。

 

キズパワーパッドは、体液(浸出液と言います)が出ている状態を利用してキズを治す仕組みです。

膿のある傷にも使えないので、白ニキビに使うのもNGなんですね。

 

もちろん販売会社では、ニキビへの使用は認めていません。

万が一ニキビが酷くなったり、化膿してしまっても文句は言えないので要注意です。

 

大切なデートやイベント前に、ニキビが出来てしまうと本当に嫌ですよね。

なかなかすぐに治る物でもないので、普段からニキビができにくい状態にしておくことも大切です。

 

クレンジングや洗顔だけでなく、栄養状態も関わってきます。

普段の食事で栄養が偏っているな~と感じる人は、サプリメントなども活用してみると良いですね。

 

私が利用してるのは、低刺激のニキビケア用洗顔コスメ。

サプリメントも飲んでいますが、今の所ニキビはあまりできません。

 

ただし夜更かしは本当にニキビの敵です。

寝不足が続いた日は、すぐにニキビができるので、やっぱり睡眠は大切なんですね。

キズパワーパッドが使える傷は?やけどや切り傷、膿はどう?

キズパワーパッドは、湿潤療法(モイストヒーリング)という方法で傷を治します。

体液が出ている状態でないと使えないので、「乾燥した傷」や「膿が出ている」場合は使えません。

キズパワーパッドが使える傷の症状は以下のとおりです。

 

  • 軽いすり傷や切り傷
  • 軽度のやけど
  • あかぎれ・さかむけ
  • ひっかき傷
  • 靴ずれ

 

注意したいのは、『にきびやとびひ、水いぼ、原因不明の傷』には使えません。

また、動物や人に噛まれた傷や酷い虫刺されの時は病院へ行きましょう。

刺し傷の場合は、異物が皮膚の奥へ入り込んでいる恐れがあるので、注意が必要です。

 

基本的に感染を起こす可能性のある傷には使えません。

深い傷やかさぶたが出来ている場合もダメなんですね。

 

顔には使えますが、目の周りや粘膜に付かないように気をつけて使用しましょう。

2歳以下の小さなお子さんに使うのも危険なのでやめましょうね。

キズパワーパッドの効果的な使い方

キズパワーパッドは、かさぶたの代わりになって、傷を早くきれいに直してくれます。

効果をしっかりと感じる為には、正しい使用方法も大切。

間違った使い方をしてしまと、逆に傷が悪くなることもあるんです。

 

1.傷より少し大き目のサイズを選ぶ。

(切って使わないように注意)

2.傷は水道水の流水で洗い流す

3.個包装から出して、両手で1分間ほど温める

4.かさぶたにならないうちに、体液が出ている状態ですぐに貼ります。

5.2~3日に一度は傷の様子を観察しましょう

 

キズパワーパッドは、傷口が乾いた状態では使えません。

ゴミや汚れを水道水で洗い流しましょう。

 

清潔な布やティッシュで水気を取って貼り付けます。

出血をしている時は傷口をおさえて止血してから使います。

 

この時に消毒液やクリームなどは塗らない事が大切です。

粘着力が弱くなってしまい、剥がれやすくなってしまいます。

 

キズ口がふさがるまでは、毎日様子を観察しましょうね。

 

貼り替えのタイミングは、キズパワーパッドから体液が漏れ出ていたり、剥がれそうな時です。

その時は新しいものと交換して貼り直しましょう。

治ってくるとキズの部分が白くゲル状に膨らまなくなってきますよ。

 

はがす時にくっつく時やはがれにくい時は、温めた水をパッドと皮膚の間に流し込むと剥がれやすくなります。

また、横に軽く引っ張りながらゆっくりとはがしましょう。

 

傷口が治るまでの日数は、ケガの状態や個人差も大きいものです。

いつまで貼るのか、何日ぐらいで治るのかも、傷の状態によります。

 

2週間以上たっても回復しないキズのときは、家で手当できる状態ではない場合も。

キズを治りにくくしている原因があるかもしれないので、病院へ行きましょう。

キズパワーパッドの値段は?安く売っているお店をチェック

キズパワーパッドはドラッグストアや薬局、大手通販の楽天やamazonでも購入できます。

実は大きさや傷の種類によって、「12種類もラインナップ」があるんですよ。

 

はがれにくい指用、水仕事用、小さいサイズのスポットタイプ、靴ずれ用、ひじ・ひざ用もあります。

特にフットケア用は種類が多く、タコ・ウオノメ、豆・靴ずれ、外反母趾用も!

自分の状態にあったキズパワーパッドを探せるのは、嬉しいですよね。

 

定価は普通サイズ10枚入りで1,012円。

amazonや楽天なら約700円前後で購入できますよ。

 

コメントは受け付けていません。